石拾い、ドングリ拾い

ご近所の玉砂利を見て、欲しいと言うちょびん、7歳。
たくさんあっても、側溝にこぼれ落ちていても貰っていい物ではないよ
お金を出して買った石だからね。と説明。
それならば、河原に行けばそこにある石は拾い放題だよと教えてみる。

後日

「ねー、かわらやさん、連れて行って〜
 自分のお小遣いで買うからさー」


瓦屋さん???


いやいやいや
河原に行けば、拾い放題だって言ったよね?
そういえば、3歳頃
家のバリカンで「床屋さんしようね、頑張ったら、おやつ買いに行こうね」
を、脳内クロス変換たのか、バリカンで刈ったあとに
「トコ屋さんに連れってって〜、トコ買ってくれるんでしょ〜」
なんて言っていた事もあったっけなあ。
その頃とのーみそ変わってないのけ??

ということで、10月の天気の良い日、
手取川まで遠出して河原で石を拾ってきました。
いっぱいゲットできてほくほく大満足。




先週末
ドングリ拾いの穴場を教えてもらったので、ご近所のお友達と一緒に行ってみました。
公園のドングリは取り尽くされていて、あっても小さいのがころんころん程度だけれど
さすが穴場。

でっかい奴がごろんごろんと落ちていました。

子ども4人がビニール袋にたっぷり拾いほくほく大満足。

CIMG4835.jpg

弥生時代はこれも立派な食料だったのよねと、検索してみたら
これはマテバシイというドングリで割とアクの少ない物だから生でも食べられるというので

CIMG4837.jpg
割ってみました。
見た目はまるでアーモンド。
皮が硬くて、これだけ剥くのにも苦労しました。
手が痛い。

そして、生食してみました。
食べられなくはないけれど、栗っぽいと言えなくないかもしれない

煎ってみたらどうかと
銀杏と一緒に乾煎りしてみました。
CIMG4838.jpg

これは!
生の時よりもほっこりした甘さがでて案外イケマス!
ほろっとした食感もなかなかいい。

今後の課題は、硬い皮をどうむくか。←まだ食べる気か?



のこりのドングリさん達は、
転がしたり、回したり、わたしの足裏マッサージに踏まれたり。
そのうち、リリースしてこないと。
大量過ぎる。
CIMG4862.jpg


素朴な遊びで楽しんでもらいたいと思うけれど
普段はテレビをぼーっと見ているし、ゲームばかりしたがるし。
サンタさんにお願いするのはガブティラデカーニバルともう決めている。
もちっとクリエイチブにいこうぜ?

関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comment

初めましてかな…。
楽しくのぞかせていただいています。
今頃10月の記事にコメントで恐縮なのですが。。。
この手のモノの殻剥きは、煎ってからの方が楽ですよ。
殻付きのまま水洗い(浮いてきた物は捨てる)、フライパンでから煎りすると、しばらくするとパンパンいってはじけてきます(蓋必須です)。
あとは、できれば熱いうちに剥く方が剥きやすいです。
はじけてないものも、殻が一部焦げていたりするとそこから剥きやすいです。それ以外の物は歯でガリっと割ってください。
是非今年の秋もお試し下さい。

うちの父がどうも野趣にとんだ人だったため、幼少期毎年近所の公園でとってきてスダジイを食していたものです。。すみません、今頃。
maniーmani さま
こんにちは!
10月の記事でしたが、1週間前にもドングリ食べました。
なので、私的にタイムリーです(ニヒ)

縄文時代の保存食だ!と思っておもちゃ箱の奥から出てきたドングリを割ってみたのです。
さすがに2ヶ月経っていたので傷んでいる物もチラホラあったけれど
きれいな物だけ選り分けて。
主人と長男が奪い合うように食べていました・・・


とてもいい方法を教えてくださってありがとうございます!!
今年の秋もがっつり拾って来ようと思います!



  • 2014/01/14 13:41
  • ちくた
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。