ひらがなが読めるようになると、世界が広がるね。

ちょびん、6歳3ヶ月。
ひらがなを読めるようになってきました。

ゆっくりめな成長のちょびんだけど、
小学校入学前に読めるようになるなんて!
かんたんな絵本を就寝前に読んでくれます。
↑読むのが遅いのでかめには不評。

たまにつっかえる文字もあるけれど、
頑張って読んでくれます。



パジャマズボンのタグに何か書いてあると読みはじめるちょびん。

「ま・・・え。・・・ああ、そういうこと」

前後がわかりやすいように付いているタグですよ!
今まで意識していなかっただろうけどね、
いろいろ教えてくれるんだよ、文字って言うヤツは!


妹の事も、思い出した。
多分3歳くらいの事。

「と、あ、と、と、あ」

ナニカを読んでる。
覗いてみたらば
新幹線の時刻表。

と き
あさひ
と き
と き
あさひ

を、
縦に読んでた。
昔、上越新幹線にはあさひという新幹線もあったのです。

妹は、文字を読むのが早かったなあ。




ちかごろどんどんお兄さんになってきて、
発表会の練習も頑張っているちょびんです。

年長さんは出番が多くて、
ハンドベル
手話付きの歌(世界にひとつだけの花)
サンタクロースの劇
猿かに合戦の劇
ダンス

と、
いつものちょびんを見ているとキャパオーバーを心配する内容量。
一所懸命におぼえているようです。
昨日、サンタクロースの劇のセリフを全員分憶えたらしく、教えてくれた。
すごい!ママ、びっくりよ。

その分、疲れとかストレスとか溜まっているみたいで
家では暴れたり意地悪をしてしまったりするちょびん。
もうすこしの間だから、こちらも我慢してやろうと思いつつ、
あまりの傍若無人っぷりに怒鳴りつけてしまうぜ。

はやく発表会が終わらないかなあ。

関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。